福岡県内徹底探検隊
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
楯崎神社と親子灯台ほか

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介










福岡県福津市渡
< 宗像探検メニュー > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line



 
 

◆◆◆◆◆ 楯崎神社(たてざきじんじゃ) ◆◆◆◆◆

 楯崎神社(たてざきじんじゃ)は渡半島(大峰山)の北西にあり祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)、綿津見神(わたつみのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)などです。
大己貴神は大国主命とも言い、国造りや農業、医療などの神として知られており、少彦名神は大己貴神を助けた神で二神とも出雲神です。綿津見神は海の神で安曇族(あずみぞく)の神です。 阿曇族は古代日本を代表する海人族として知られる有力氏族で、発祥地は筑前国糟屋郡阿曇郷(現在の福岡市東部:和白(わじろ)、新宮(しんぐう)、志賀島(しかのしま)あたり)とされる」と言われています。

現地にある楯崎神社縁起は字が薄くなりほとんど読めない。簡単に概略を書くと。
 楯崎神社(たてざきじんじゃ)は宗像宮(宗像大社)の末社75社の中のひとつと書いてあります。 また、「楯崎」の社号は、夷(えびす=未開な異民族の意味)が上陸して人民を殺傷したため、大己貴神(おおなむちのかみ)と后(きさき)の宗像姫大神が神軍を率い、楯(たて)を立て、鼓を鳴らして防御し、ついに敵を滅ぼしたことから付いたという。

後に神功皇后(じんぐうこうごう)が朝鮮半島に進軍するときに戦勝を祈り、凱旋(がいせん)したときに楯(たて)を奉納したという。また数百年後の平安時代(794年-1185年/1192年頃)の初期には、最澄(さいちょう)が遣唐使として唐に向かう途上、ここに立ち寄って航海の安全と宿願の達成を祈り、 自ら薬師阿弥陀観音像を彫刻して安置したことから、楯崎寺と呼ぶようになったそうだ。
平安時代の末期には西行法師がやって来て、
 さかおろす 楯石崎の 白浪は あらきしほにも かかりかるかな
という歌を残しています。

上記のこれらの話の場所は今の楯崎神社(たてざきじんじゃ)でなく今の薬師神社(楯崎神社奥の院)のことだと思います。今の楯崎神社は昭和28年の豪雨ののち、現在地に建てられたものだそうだ。家内安全、ぼけ防止、ひきつけ防止、眼病予防に御利益があります。

楯崎神社と薬師神社の動画(3分9秒)

●楯崎神社の位置はここ(Google map)
●薬師神社(楯崎神社奥の院)の位置はここ(Google map)

 
 


 ◆ 楯崎神社(宗像大社の末社)※境内の神社縁起には宗像宮に摂する七十五社のひとつと書いてある
楯崎神社(宗像大社の末社)※境内の神社縁起には宗像宮に摂する七十五社のひとつと書いてある

 ◆ 楯崎神社(たてざきじんじゃ)の拝殿の中。 家内安全、ぼけ防止、ひきつけ防止、眼病予防に御利益がある
楯崎神社(たてざきじんじゃ)の拝殿の中。 家内安全、ぼけ防止、ひきつけ防止、眼病予防に御利益がある

 ◆ 奥の院に行く途中にあり眺めが良い「恋人岬」( NHKテレビドラマ「ここにある幸せ」のロケ地になった場所)
奥の院に行く途中にあり眺めが良い「恋人岬」(NHKテレビドラマ「ここにある幸せ」のロケ地になった場所)

 ◆ 「恋人岬」からの眺め(「恋の浦」海岸などの眺めが良い) ※場所はここ ※ ビッグ写真はここ
「恋人岬」からの眺め(「恋の浦」海岸などの眺めが良い)

 ◆ 薬師神社(楯崎神社の奥の院)
薬師神社(楯崎神社の奥の院)

 ◆ 薬師神社(楯崎神社奥の院)は巨大な磐座(いわくら)がそそり立つ岩壁の下に祠(ほこら)がある
薬師神社(楯崎神社奥の院)は巨大な磐座(いわくら)がそそり立つ岩壁の下に祠(ほこら)がある

 ◆ 薬師神社(楯崎神社奥の院)
薬師神社(楯崎神社の奥の院でもある)
 ◆ 薬師神社本殿の格子の中には祠(ほこら)がある
薬師神社本殿の格子の中には祠(ほこら)がある
 ◆ 怖い顔の狛犬がある
怖い顔の狛犬がある


■■■■■ 楯崎の展望所 ■■■■■


 ◆ 薬師神社(楯崎神社奥の院)の境内から約100m
薬師神社(楯崎神社奥の院)の境内から約100m
 ◆ 距離は100mだがアップダウンが激しい
距離は100mだがアップダウンが激しい

 ◆ 途中の景色は良い ※ ビッグ写真はここ
途中の景色は良い
 ◆ 展望所のある最後の小山
展望所のある最後の小山

 ◆ ここが楯崎(たてざき)の岬の先端部(釣り人がいた。ここから海岸に下りれる)  ※場所はここ(Google Map)
ここが楯崎(たてざき)の岬の先端部(釣り人がいた。ここから海岸に下りれる)

 ◆ 先端部(左寄りの)パノラマ写真 ※楯崎展望所の動画(3分09秒) ※ ビッグ写真はここ
先端部(左寄りの)パノラマ写真

 ◆ 先端部(右寄りの)パノラマ写真 ※楯崎展望所の動画(3分09秒) ※ ビッグ写真はここ
先端部(右寄りの)パノラマ写真

 ◆ 海岸に下りて「くぐり岩」に行けるが道はハード
海岸に下りて「くぐり岩」に行けるが道はハード
◆ 最後の小山の登坂の所から左右の海岸に下りれる
最後の小山の登坂の所から左右の海岸に下りれる


■■■■■ 津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台) ■■■■■


 
 

◆◆◆◆◆ 津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台) ◆◆◆◆◆

 津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)は渡半島の南端部にあります。正式名称は津屋崎鼻灯台ですが地元では“親子灯台”と言っています。
なぜ、親子なのかというと? 
 灯台の2か所から閃光を出しているからです。一番高い所から発する閃光は毎4秒に1閃光で普通の灯台と同じです。 少し下にある四角い窓からは照明光が前の海の岩礁を照らすそうです。岩礁は岸から少し沖合にあり、いかにも漁船がぶつかりそうな場所にあります。 注意喚起のためにその岩礁を照らしているのだと思います。
1灯台の2か所から照明を発光するのは全国的にも珍しいそうです。なお、灯台の灯りは標高65mの位置にあり光が届く距離(光達距離)は12海里(約22.2km)です。

津屋崎鼻灯台(親子灯台)の動画(2分50秒)

 
 


 ◆ 津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台) ※ 灯台の場所はここ (Google Map)
津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)

 ◆ 津屋崎鼻灯台の塔の高さは8.9m
津屋崎鼻灯台の塔の高さは8.9m
 ◆ 初灯は昭和39年(1964年)1月18日
初灯は昭和39年(1964年)1月18日
 ◆ 灯台の下の浅瀬(岩礁)夜には、ここを照らす
灯台の下の浅瀬(岩礁)夜には、ここを照らす

 ◆ 津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)から相ノ島が小さく見える
津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)から相ノ島が小さく見える

 ◆ 津屋崎鼻灯台への登り口(約15分で到着)
津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)への登り口
 ◆ 津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)のある山
津屋崎鼻灯台(通称:親子灯台)のある山


■■■■■ 池洲場(いけすば)跡 ■■■■■



 
 

◆◆◆◆◆  活洲場(いけすば)跡 ◆◆◆◆◆

 明治23年(1890年)に九州鉄道福間駅ができると津屋崎の繁栄は駅のある下西郷に移りました。さびれゆく津屋崎の挽回策として挙げられたのが馬鉄、活洲会社、海水浴場でした。 明治40年5月27日に「津屋崎活洲会社」を地元の醤油醸造家の占部太平を社長に炭鉱王の麻生太吉、伊藤伝衛門、貝島栄三郎などが大株主になり華々しく店開きをしました。

 渡半島の南端に240mの突堤を築き、2300平米の活洲(いけす)を造り、タイ、ブリ、ヒラメ、エイなど50種余りの魚を泳がせて観賞や活魚料理を食べられる施設を造りました。 冷蔵庫のない時代に生きの良い魚をいつでも食べられる画期的な施設でした。
明治41年9月に開業して評判になり10月には日に450人も客が訪れるほどに繁盛したそうです。
しかし、11月初めに近くでコレラが発生し1か月の休業を余儀なくされ、勢いが削がれました。翌年には大きな台風がきて高潮で活洲(いけす)の魚がほとんど逃げたりと不運が続き、明治43年5月に会社は解散しました。
その活洲場(いけすば)跡が今も残っています。“つわものどもの夢の跡”ですね。

●活洲場(いけすば)跡の位置はここ(Google map)

■参考文献 津屋崎町史

 
 


 ◆ 活洲場(いけすば)跡
活洲場(いけすば)跡

 ◆ 活洲場(いけすば)跡
活洲場(いけすば)跡
 ◆ 繁盛していたときの活洲場(津屋崎町史より転載)
繁盛していたときの活洲場(津屋崎町史より転載)

 ◆ 楯崎神社動画(3分9秒)
楯崎神社の動画案内
 ◆ 楯崎展望所動画(3分9秒)
楯崎展望所の動画案内
 ◆ 親子灯台の動画(2分50秒)
津屋崎鼻灯台(親子灯台)の動画案内


大峰山自然公園トップに戻る


■■■■■ 津屋崎関連のページ ■■■■■ 

津屋崎
津屋崎祇園山笠
津屋崎金刀比羅神社御神幸祭
大峰山自然公園(東郷神社)
・ 楯崎神社と親子灯台
福津のくぐり岩
恋の浦海岸
豊山神社御神幸祭
白石浜・勝浦浜
あんずの里運動公園
静御前の墓
新原・奴山古墳群
津屋崎古墳群
縫殿神社








《宗像地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


波津ゆうれい坂海蔵寺成田山不動寺高倉神社鐘崎織幡神社地ノ島さつき松原承福寺・宗像氏貞の墓 今門のサルスベリ(百日紅) 浄光寺のフジ道の駅むなかた依岳神社の大イチョウ孔大寺の大イチョウ山田増福院神湊筑前大島中津宮七夕まつり 宗像大社みあれ祭前夜祭花火大会宗像大社みあれ祭海の道むなかた館 鎮国寺鎮国寺紫灯大護摩供赤間宿跡赤間宿まつり八所宮八所宮秋季例大祭正助ふるさと村グローバルアリーナザビエル教会の旧聖堂原町唐津街道(★九州大道芸まつりin宗像)光岡八幡宮宗像ユリックス日の里団地JR風景(日の里近く)田熊山笠むなかたみんなの山笠宗生寺と馬頭観音許斐山太閤水と殿ん屋敷八並不動尊大祭八並の庚申堂畦町 ほたるの里内殿の日吉神社舎利蔵自然林上西郷弾薬庫跡なまず神社となまずの郷神興神社久末総合公園縫殿神社新原・奴山古墳群津屋崎古墳群今川遺跡 あんずの里静御前の墓白石浜・勝浦浜恋の浦 大峰山自然公園(東郷神社) ・楯崎神社と親子灯台福津のくぐり岩津屋崎津屋崎祇園山笠金刀比羅神社の御神幸祭豊山神社御神幸祭西鉄宮地岳線福間海岸福間浦玉せり福津市花火大会サンピア福岡諏訪神社JR福間駅 宮地嶽神社 宮地嶽神社(民家村)宮地嶽神社秋季大祭大注連祭長谷寺手光波切不動古墳小竹石穴古墳旦ノ原井戸・飯盛山上大森古墳清瀧清滝水路 興山園医王寺唐津街道青柳宿五所八幡宮人丸神社千年家独鈷寺六所神社梅岳寺薬王寺温泉 脇田温泉竹原古墳

北九州市周辺 筑豊周辺 福岡市周辺




 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院 | 別府 | 高千穂 | 宮崎・日南 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
大峰山自然公園 周辺マップ(Google map) 地図の中央 '+' あたりが「楯崎神社」の位置です。
大峰山自然公園の散策マップ(福津市観光協会)
福津市の公式ホームページ
福津市商工会のホームページ
  *インフォメーション
  ■福津市役所       0940-42-1111(代表)
  ■福津市津屋崎庁舎    0940-52-1234(代表)
  ■福津市観光協会     0940-42-9988
  ■福津市商工会津屋崎支所 0940-52-0819

宗像探検メニューへ戻る
探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る






企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日.2020 118
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040242-03250102
Counter