福岡県内徹底探検隊
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
内殿の日吉神社 (ひよしじんじゃ)

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介






福岡県福津市内殿125
< 宗像探検メニュー > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 福津市内殿の日吉神社(ひよしじんじゃ) ◆◆◆◆◆

●内殿の日吉神社(ひよしじんじゃ)は福津市内殿字笑尺の一番奥に鎮座しています。この字名の「笑尺」も変わった名前ですね。 なにか謂(いわ)れがあるかもしれませんが、その情報を持っていません。

 内殿の日吉神社は、当初は字古内殿の楢ノ木という所に祀られていたが、慶長年間(1596〜1615年)に黒田家より営繕があり元禄年中(1688年〜1704年)に現在の所に遷宮したそうです。

 日吉神社の創建は定かでないようですが、当初は十所王子社と猿王子社という別々の神社であったそうだ。 十所王子社の初見は「宗像大菩薩御縁起」で「十所王子」とあり、「正平年中行事」には「内殿十所王子」と書かれている。 「猿王子社」の初見は「正平年中行事」で「猿王子社」と書かれているようです。

 ちなみに「宗像大菩薩御縁起」は鎌倉末期頃に書かれた文書なので西暦1300年頃の文書です。 「正平年中行事」は宗像大社の末社ごとの年中行事を書上げたもので、正平(しょうへい)は1346年から1369までですから、その頃の文書ですね。
それらの文書に内殿の日吉神社の前身である「十所王子」や「猿王子社」が書かれているという事は14世紀の前半には存在していた事になります。

 当初、「十所王子」と「猿王子社」という別々の神社であったが江戸時代中期、享保年間(1716〜1736年)に十所王子社の社号を「山王神社」と改め、 更に明治初年に山王の号を改め「日吉神社」と改称したそうだ。
「十所王子」と「猿王子社」が何時ごろ一緒になった(合祀)したのは定かでありませんが嘉永七年(1854)の棟札でも「十所王子・申(サル)王子社」とあるので 、その後の幕末から明治初期には合祀されたのであろうと推測されています。

 内殿の日吉神社は当社は、宗像七十五社の一つで末社でした。
ご祭神は 宗像三柱神、建御名方命、天津彦根命、正哉吾勝命、素盞嗚命、熊野樟日命、天穂日命、大己貴命、活津彦根命などです。 全部で十一柱ですから安永六年(1777)建立の第二の鳥居の扁額に「十一社宮」とあるのかな?
それとも「十所王子」+「猿王子社」だから「十一社宮」になったのか? 
ふるさと文化財探訪記(平成3年 福間町教育委員会出版) では後者の説を採用していた。

 拝殿を覗くと三十六歌仙らしい絵馬が見えましたが、安政5年(1858)奉納の「忠臣蔵図」、慶応3年(1867)奉納の「黒田二十五騎図」などの絵馬は 見えなかった。別場所に大事に保管されているのかもしれません。

ちなみに1985年頃までは神楽面十余個と鎧(よろい)一両があったが、盗難に遭い今はないとのことです。神社の物を盗むとはバチ当たりなヤツだ! 捕まえたら市中引き回しのうえ張付けにしなかればいけない(*_*)

●日吉神社の銀杏(いちょう)
 日吉神社のご神木である銀杏(いちょう)は樹齢が約500年、胸高の幹周りは約5.5m、樹高は30mもあります。拝殿に向かって右にあります。 秋には黄葉がきれなようだ。この銀杏(イチョウ)は「日吉神社の銀杏」として福津三十六景になっています。


※ 掲載した内容は 2014年 4月 1日時点の内容です。変更になるおそれがあります。自己責任で御利用ください。

動画案内(約6分)

 
 


 ◆ 桜がきれいな日吉神社(ひよしじんじゃ) ※ 2014/ 4/ 1 撮影
桜がきれいな日吉神社(ひよしじんじゃ)

 ◆ トイレもある
トイレもある
 ◆ 安永六年(1777)建立の二の鳥居と奥の社殿
安永六年(1777)建立の二の鳥居と奥の社殿
 ◆ 一の鳥居のそばの赤い花は何の花かな?
一の鳥居のそばの赤い花は何の花かな?

 ◆ 二の鳥居の扁額には「十一社宮」とある
二の鳥居の扁額には「十一社宮」とある
 ◆ 昭和四年に石垣が奉納されたようだ
昭和四年に石垣が奉納されたようだ

 ◆ 内殿の日吉神社は14世紀の前半には存在していた古社
内殿の日吉神社は14世紀の前半には存在していた古社

 ◆ 「十所王子」+「猿王子社」→山王神社→日吉神社となったようだ
「十所王子」+「猿王子社」→山王神社→日吉神社となったようだ

 ◆ 拝殿の中
拝殿の中
 ◆ 三十六歌仙の絵馬がある
三十六歌仙の絵馬がある

 ◆ 他にもいろいろ絵馬がある
他にもいろいろ絵馬がある
 ◆ 安政五年(1858)の絵馬
安政五年(1858)の絵馬

 ◆ 御神木である樹齢約500年の銀杏(イチョウ)
御神木である樹齢約500年の銀杏(イチョウ)
 ◆ 本殿
本殿
 ◆ 境内社もいろいろある
境内社もいろいろある

 ◆ 厳島神社
厳島神社
 ◆ 福地神社
福地神社
 ◆ 貴殿神社
貴殿神社

 ◆ 須賀神社
須賀神社
 ◆ 天満社
天満社

 ◆ 拝殿の右にも祠がある
拝殿の右にも祠がある
 ◆ 左:厄神社、右:貴船神社
左:厄神社、右:貴船神社





■■■■■ 《 御神木である樹齢約500年の銀杏(イチョウ)の黄葉 》 ■■■■■


 ◆ 樹齢約500年の銀杏(イチョウ)が黄葉してきた ※ 2014/11/27 撮影
樹齢約500年の銀杏(イチョウ)が黄葉してきた ※ 2014/11/27 撮影

 ◆ イチョウの黄葉が降り積もっている日吉神社
イチョウの黄葉が降り積もっている日吉神社

 ◆ イチョウの下にも黄葉の落ち葉がいっぱい
イチョウの下にも黄葉の落ち葉がいっぱい

 ◆ 見上げると黄色の世界
見上げると黄色の世界

 ◆ 堂々としたイチョウの幹
堂々としたイチョウの幹
 ◆ 手水鉢まわりは紅葉の落ち葉
手水鉢まわりは紅葉の落ち葉
 ◆ イチョウとモミジの落ち葉
イチョウとモミジの落ち葉


*=================================================================================================*

 ◆ 広い駐車場
広い駐車場
◆ 旧住所は上西郷村大字内殿字笑尺
旧住所は上西郷村大字内殿字笑尺
 ◆ 動画案内(詳細版 約6分)
内殿の日吉神社 動画案内






《宗像地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


波津ゆうれい坂海蔵寺成田山不動寺高倉神社鐘崎織幡神社地ノ島さつき松原承福寺・宗像氏貞の墓 浄光寺のフジ道の駅むなかた依岳神社の大イチョウ孔大寺の大イチョウ山田増福院神湊筑前大島中津宮七夕まつり 宗像大社みあれ祭前夜祭花火大会宗像大社みあれ祭海の道むなかた館 鎮国寺鎮国寺紫灯大護摩供赤間宿跡赤間宿まつり八所宮八所宮秋季例大祭正助ふるさと村グローバルアリーナザビエル教会の旧聖堂原町唐津街道(★九州大道芸まつりin宗像)光岡八幡宮宗像ユリックス日の里団地JR風景(日の里近く)田熊山笠むなかたみんなの山笠宗生寺と馬頭観音許斐山太閤水と殿ん屋敷八並不動尊大祭八並の庚申堂畦町 ほたるの里 ・内殿の日吉神社舎利蔵自然林上西郷弾薬庫跡なまず神社となまずの郷神興神社久末総合公園縫殿神社新原・奴山古墳群 あんずの里静御前の墓白石浜・勝浦浜恋の浦 大峰山自然公園(東郷神社)津屋崎津屋崎祇園山笠金刀比羅神社の御神幸祭豊山神社御神幸祭西鉄宮地岳線福間海岸福間浦玉せり福津市花火大会サンピア福岡諏訪神社JR福間駅 宮地嶽神社 宮地嶽神社(民家村)宮地嶽神社秋季大祭大注連祭長谷寺手光波切不動古墳小竹石穴古墳旦ノ原井戸・飯盛山上大森古墳清瀧 興山園医王寺唐津街道青柳宿五所八幡宮人丸神社千年家独鈷寺六所神社梅岳寺薬王寺温泉 脇田温泉竹原古墳

北九州市周辺 筑豊周辺 福岡市周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
内殿の日吉神社 周辺マップ(マピオン)  中央 '+' あたりが“内殿の日吉神社”の位置です。
福津市の公式ホームページ
福津市商工会のホームページ
福津市まちづくり協議会のホームページ
  *インフォメーション
  ■福津市役所       0940-42-1111(代表)
  ■福間町商工会      0940-42-0315
  ■福津市まちづくり協議会 0940-52-4969
  *アクセス
  ■JR福間駅下車、タクシーで約10分
  ■JRバス「内殿」から徒歩約20分
  ■ふくつミニバス「内殿公民館前」から徒歩5分

宗像探検メニューへ戻る
探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2014年09月10日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040242-06310101
Counter