福岡県内の有人島10島の紹介
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
地 島 (じのしま)  (福岡県宗像市)

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介














福岡県宗像市地島
< 宗像探検メニュー > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 地島(じのしま) ◆◆◆◆◆

 地島(じのしま)は周囲約9.3Kmで約80世帯(人口約200人)の小さな島です。 島への連絡は宗像市鐘崎の漁港から市営渡船が地ノ島泊(とまり)港を経由して地ノ島白浜港(ここまで所要時間は約20分です)と連絡しています。
休日の日は釣り客も多く、泊港ではクロ、メイタ、カレイ、小ダイなどが釣れ、白浜港では外波止のウキ釣りで メイタ、メバルなど夕方の満ち潮には20、30センチのクロに混じって40センチ級のチヌが釣れることもあらしい。

 平成8年にツバキロードと言う名前の遊歩道が整備され、公衆トイレも4箇所に造られており女性も安心 (場所は地図参照)、また展望台が2ケ所設けられています。とくに北側の倉瀬展望台からの眺めは良く、 大島や行き交う船を眺めていると、ゆったりとした気持になります。
毎年3月の初旬には「地ノ島椿祭り」が行われ、いろいろな演芸や特産物の販売、地島海鮮鍋、椿油ごはんなどの 販売、海産物つかみ取りなどがおこなわれます。多くの観光客が訪れ、連絡船も臨時便が出ます。

 2007年03月10日(土)〜2007年03月11日(日)に地島で「椿まつり」が開催され、行こうと思っていたが天候がいまいちだったので行きませんでした。 それで翌週の03月18日(日)に訪れました。天気はけっこう雲も出ていましたが、まずまずの天気でした。写真もたくさん撮ってきました。

鐘崎港に地島渡船待合所があり、この周辺が駐車場となっています。駐車場は有料で1日500円です。

※ 取材当時には連絡船は鐘崎港から出ていましたが、その後、神湊 (こうのみなと)から出航するように変更になりました。

※ 掲載した料金等の内容は変更になるおそれがあります。自己責任で御利用ください。

 
 


 ◆ 湯川山 山頂 (471m)より地島を望む、島の左下は泊地区、手前は宗像市鐘崎(かねさき)
湯川山 山頂 (471m)より地島を望む。こう見ると地島の須賀崎から鐘崎(かねさき)に向けて長い洲ができているようだ。少し埋め立てれば地続になる気がしますね


 ◆ 地ノ島の地図 (2007年3月更新)


 2007年03月18日(日)に訪れ島を廻った順に掲載いたします。 5年ぶりに訪れましたが、島には案内板も整備され、公衆トイレも増えていました。

 椿の小さな苗木も道そばの畑にたくさん植えてあり、後20年くらいしたらこれらの椿の木は大きくなり名実ともに椿の島になるでしょう。楽しみです。
 今回は泊港で降りて、いままで行ったことがなかった鐘崎に一番近い岬(須賀崎)の方に行ってみました。この方面は途中で行き止まりなので戻り、ぶらぶらして写真を撮りながら豊岡地区、倉瀬展望台へと行き、帰りは豊岡地区にある白浜港から連絡船に乗り帰りました。 島の道は若干のアップダウンはありますが車がほとんど来ないので、ぶらぶら歩くには良いですね。



 ◆ 鐘崎港にある地島渡船待合所
鐘崎港にある地島渡船待合所

 待合所の前が船着き場でここから連絡船に乗ります。ちなみに船の料金は乗るときに支払います。待合所では販売していません。 船の時刻はここ(平日と休日は違います)
◆連絡船「ニューじのしま」
連絡船「ニューじのしま」55t、定員150名
 ◆ 船の中
船の中


 ◆ さあ、出航です♪
さあ、出航です♪

 鐘崎港から泊港までは約15分程度です。料金は大人320円(2007年3月時点)でした。あっという間に着きます。先の白浜港まで乗ると360円です。
● クリック→「ニューじのしま」詳細
 ◆ 船の操舵室
船の操舵室
 ◆ 約15分で泊港に到着
約15分で泊港に到着です


 ◆ ここが泊地区です。家数は約40戸だそうです。波止(はと)にタコ壷がならんでいました
ここが泊地区です。家数は約40戸だそうです。波止(はと)にタコ壷がならんでいました


 ◆ 島の東側は途中で行き止まりです(地図の、でき瀬付近)
島の東側は途中で行き止まりです(地図の、でき瀬付近)

まず、船を降りて右の方に歩いていきましたら、上の地図の「でき瀬」辺りで行き止まりでした。
鐘崎に一番近い「須賀崎」には1軒の家がありますが人は住んでいないようです。別荘でしょうかね?
◆ ここが鐘崎に一番近い「須賀崎」です
ここが鐘崎に一番近い「須賀崎」です


 ◆ 泊地区にある「厳島神社」
泊地区にある「厳島神社」

 泊地区に戻ってきました。ここには「厳島神社」があります。前回来たときに島の老人が「厳島(いつくしま)神社」は安芸の宮島が有名だが、ここが本家だ。 と、言われていました。真実のほどは定かでありませんが・・・・
 ◆ 厳島神社
厳島神社
◆島で唯一の寺「西光寺」
島で唯一の寺「西光寺」

 ◆ 泊地区にある「殿様波止」
泊地区にある「殿様波止」

 子供が遊んでいたので「殿様波止」の場所を尋ねたら案内してくれました。 島の子供かと思ったら漁村留学で 1年間この島に来ているとのことでした。
この「殿様波止」は黒田の殿様が、この港に寄港する船に石を10個づつもってこさせ築いたそうです。
 ◆ 観音堂
観音堂
◆ 殿様井戸址
殿様井戸址…今は草ぼうぼうで井戸の址は確認できません。その後、石造りであった井戸はコンクリート製になり今は危ないので埋めているそうです


 ◆ 地島小学校
地島小学校

 泊地区から少し坂道を登ると地島小学校と玄海東幼稚園地島分校があります。 小学校は漁村留学生5名を含んで生徒数は10名だそうです。
前には校庭がありそばにプールもありそばに「孝女こやの碑」があります。この「こや」という女性は正直者でがんばり屋さんであったようです。
 ◆ りっぱなプールもある
りっぱなプール
◆ 孝女こやの碑
孝女こやの碑


 ◆ 豊岡地区が見えてきました。後方に倉良瀬(くららせ)灯台も見えます。 ※ここから遠く沖ノ島も薄っすら見えました
豊岡地区が見えてきました。後方に倉良瀬灯台も見えます(ちなみに、ここの港は白浜港と言います)


 ◆ 豊岡地区(白浜港)です。ここも所帯数約40戸だそうです
豊岡地区(白浜港)です。ここも所帯数約40戸だそうです

 豊岡地区です。ここには島で唯一の売店があり、パンなども売っていますので、食料はここで調達できます。 ここには牧神社とその側に長徳寺址などがあります。
豊岡地区ビッグパノラマ写真
豊岡地区(白浜港)ビッグ写真
 ◆ 漁業組合の売店
漁業組合の売店がある
◆ 牧神社(右は長徳寺址)
牧神社(右は長徳寺址)

 ◆ 菜の花がきれいな豊岡地区
菜の花がきれいな豊岡地区
 ◆ 港そばの公衆トイレ(女性も安心)
港そばの公衆トイレ(島内に4ヶ所整備されている)
 ◆ 白浜港外の岩礁が美しい
白浜港外の岩礁が美しい


 ◆ さあ!倉瀬展望台に向けて出発
さあ!倉瀬展望台に向けて出発だ!
 ◆ 島内には椿の木が多い
島内には椿の木が多い
 ◆ アンコ椿は恋の花・・・・
アンコ椿は恋の花・・そういう歌のあったな〜


 ◆ 倉瀬(くらのせ)展望台
倉瀬(くらのせ)展望台

 島の北西の端にある倉瀬(くらのせ)展望台です。ここからは筑前大島や神湊、津屋崎方面の海岸そして眼の前には倉良瀬(くららせ)灯台のある岩礁などが見えます。 なかなか風光明媚な風景が展望ができる場所です。
◆ のこぎり鼻と倉瀬岩礁
のこぎり鼻と倉瀬岩礁
◆ 倉良瀬(くららせ)灯台
倉良瀬灯台

 ◆ 倉良瀬(くららせ)灯台 ※のこぎり鼻と倉瀬岩礁のビッグ写真はここ ※倉良瀬灯台のビッグ写真ならここ
倉良瀬灯台


 ◆ 筑前大島と「のこぎり鼻」
筑前大島と「のこぎり鼻」
◆ 岸壁の下の岩場には海鵜がたくさん
絶壁の下の岩場には海鵜がたくさん
 ◆ 神湊、津屋崎方面を望む
神湊、津屋崎方面を望む


 地島の散策が終わり白浜港から最終便(17:10発)で帰ろうとしたら、泊地区で「殿様波止」の場所を教えてくれた子達がいました。 泊港から豊岡地区に船で遊びに来ての帰りのようです。
この島に漁村留学として1年間きていると言う話でした。どこから来たのか聞いてみたら福岡市東区、宗像市、北九州市などから来ているようです。 いや〜色も黒くなり元気いっぱいですね。あと1週間で(たしか3月23日と言っていたが?)実家に帰るようですが、たくさんの思い出ができたことでしょう。 一段とたくましくなった子供をみて親御さんも喜ぶことだと思います。いや〜みんな良い顔している♪
この島は人情も厚いようですし、家数も少ないので、みな親戚のようなものでしょう。最近よく言われる「いじめ」とは無縁の場所だと思います。
※ 船に乗るときは必ずライフジャケット着けるのがきまりだそうです。


 ◆ 漁村留学でここにきている5人の生徒さん(小学生)
漁村留学でここにきている5人の生徒さん(小学生)
 ◆ 泊港で降りて手を振ってくれました
泊港で降りて手を振ってくれました




  ■■■■■ おまけ 2002年の写真 ■■■■■ 

◆ 地島の裏側ほんうしろ附近(大敷展望台にて)
 波津・芦屋・北九州方面の遠望。島の裏側(北側)は
 断崖で近づけない


椿まつり
「椿まつり」では小学生15名、
幼稚園生2名も踊りを披露。→

小学校

 ◆ 島の守り神「厳島神社」
島の守り神「厳島神社」

←地島椿まつり
毎年3月初旬に行われる「椿まつり」にはおおくの観光客が訪れる。 2002年は3月9日であった。

演技

←地島小学校
島には中学校はなく、向いの玄海中学校に行く。 現在生徒数15名。年々人数が少なくなっているそうです(2002年現在)

 ◆ 咲き誇るヤブつばき







《宗像地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


波津ゆうれい坂海蔵寺成田山不動寺高倉神社鐘崎織幡神社 ・地ノ島さつき松原承福寺・宗像氏貞の墓 浄光寺のフジ道の駅むなかた依岳神社の大イチョウ孔大寺の大イチョウ山田増福院神湊筑前大島中津宮七夕まつり 宗像大社みあれ祭前夜祭花火大会宗像大社みあれ祭海の道むなかた館 鎮国寺鎮国寺紫灯大護摩供赤間宿跡赤間宿まつり八所宮八所宮秋季例大祭正助ふるさと村グローバルアリーナザビエル教会の旧聖堂原町唐津街道(★九州大道芸まつりin宗像)光岡八幡宮宗像ユリックス日の里団地JR風景(日の里近く)田熊山笠むなかたみんなの山笠宗生寺と馬頭観音許斐山太閤水と殿ん屋敷八並不動尊大祭八並の庚申堂畦町 ほたるの里内殿の日吉神社舎利蔵自然林上西郷弾薬庫跡なまず神社となまずの郷神興神社久末総合公園縫殿神社新原・奴山古墳群 あんずの里静御前の墓白石浜・勝浦浜恋の浦 大峰山自然公園(東郷神社)津屋崎津屋崎祇園山笠金刀比羅神社の御神幸祭豊山神社御神幸祭西鉄宮地岳線福間海岸福間浦玉せり福津市花火大会サンピア福岡諏訪神社JR福間駅 宮地嶽神社 宮地嶽神社(民家村)宮地嶽神社秋季大祭大注連祭長谷寺手光波切不動古墳小竹石穴古墳旦ノ原井戸・飯盛山上大森古墳清瀧 興山園医王寺唐津街道青柳宿五所八幡宮人丸神社千年家独鈷寺六所神社梅岳寺薬王寺温泉 脇田温泉竹原古墳

北九州市周辺 筑豊周辺 福岡市周辺






 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
「地ノ島」周辺マップ(マピオン) 中心の '+' あたりが「地ノ島白浜港」の位置です。
宗像市の公式サイト
宗像観光協会(むなかた玄海天然印)のサイト
宗像市商工会のサイト
地島への船の写真と時刻表など
  *インフォメーション
  ■宗像市役所    0940-36-1121(代表)
  ■宗像市商工会   0940-36-2268
  ■玄海商工会    0940-62ー0070

 *島の民宿
  ・石崎  TEL:0940-62-1271
  ・伊崎屋 TEL:0940-62-0809
  ・阿部  TEL:0940-62-1757

宗像探検メニューへ戻る
探検隊メニューへ戻る
島めぐりメニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2007年10月19日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:G040242-03090101
Counter