福岡県内徹底探検隊
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
海蔵寺 (かいぞうじ)

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介












福岡県遠賀郡岡垣町内浦931
< 宗像探検メニュー > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line

 ◆ 岡垣町大字内浦の湯川山に登る自動車道の近くにある海蔵寺(かいぞうじ) (2015/02/18 撮影)
岡垣町大字内浦の湯川山に登る自動車道の近くにある海蔵寺(かいぞうじ) (2015/02/18 撮影)

 ◆ 秘仏・馬頭観音像のレプリカの石像
秘仏・馬頭観音像のレプリカの石像

 岡垣町内浦の海蔵寺(かいぞうじ)は臨済宗大徳寺派のお寺です。現地の案内板によると、創建は正慶年中(1332〜1334年)峰翁祖一(ほうおう そいち)和尚、 大暁禅師(だいきょうぜんじ)を開山とし探題北条氏某・法名県岩法周居士が開基となって開創された。・・・・・続きは現地案内版をご覧ください。

 2015/2/18 は秘仏の馬頭観音(ばとうかんのん)像が御開帳されました。この馬頭観音像は年に一度2月18日だけ御開帳されます。 昔は50年に一度御開帳されていたそうで、一生に一度、見ることができるかどうかと言われた秘仏です。
 1963年に馬頭観音像が県文化財指定になった事をきっかけに観音菩薩(ぼさつ)の縁日にあたる2月18日に年1度 御開帳されることになりました。 それ以来、毎年御開帳されています。

 この馬頭観音(ばとうかんのん)像はヒノキの寄せ木造りで高さは約62センチです。立て膝で怒った表情をしています。 立て膝にもグリグリの唐草模様のような細かい模様が彫ってあり、非常に細かい細工がしてある、すばらしい物です。 観音像は室町時代の嘉吉元年(1441年)に京都の仏師・祐尊が 造ったとされています。

 秘仏の馬頭観音像が御開帳された2月18日には町内外から約200人が参拝に訪れていました。法要が行われ、その後にケンチン汁の接待もありました。 境内の梅の花も見頃できれいでした。

動画案内(詳細 約5分)


 ◆ 多くの参拝者が訪れる
多くの参拝者が訪れる
 ◆ 【11:05頃】 法要がおこなわれていた
【11:05頃】 法要がおこなわれていた

 ◆ 【11:45頃】 海蔵寺の紹介ビデオを見る
【11:45頃】 海蔵寺の紹介ビデオを見る
 ◆ 釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)
釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)

 ◆ 中央奥が秘仏の木造馬頭観音像(もくぞう ばとうかんのんぞう)
中央奥が秘仏の木造馬頭観音像(もくぞう ばとうかんのんぞう)

 ◆ 高さは約62センチの秘仏・木造馬頭観音像 ※ ビッグ写真はここ
高さは約62センチの秘仏・木造馬頭観音像

 ◆ 嘉吉元年(1441年)に京都の仏師・祐尊が 造ったとされる秘仏の木造馬頭観音像 ※ ビッグ写真はここ
嘉吉元年(1441年)に京都の仏師・祐尊が 造ったとされる秘仏の木造馬頭観音像

 ◆ 釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)
釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)

 ◆ 釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)
釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)

 ◆ 「けんちん汁」の接待もあった
「けんちん汁」の接待もあった
 ◆ 「けんちん汁」と おむすび
「けんちん汁」と おむすび

 ◆ 外の釈迦涅槃曼荼羅の石像(秘仏・木造馬頭観音像のレプリカ)
外の釈迦涅槃曼荼羅の石像(秘仏・木造馬頭観音像のレプリカ)

 ◆ 境内の石碑など
境内の石碑など

 ◆ 孝子助六の碑 ※ 助六さんの話は下記に記載
孝子助六の碑 ※ 助六さんの話は下記に記載
 ◆ 南無観世音菩薩(墓だろうか?)
南無観世音菩薩(墓だろうか?)

 ◆ これも墓かな?
これも墓かな?
 ◆ なんと読むのだろうか?
なんと読むのだろうか?

 ◆ 川西四国霊場 奥ノ院(本尊 地蔵菩薩)
川西四国霊場 奥ノ院(本尊 地蔵菩薩)

 ◆ 石仏が並ぶ
石仏が並ぶ
 ◆ 一番奥の石碑などは草に埋もれている
一番奥の石碑などは草に埋もれている

 ◆ 寺の玄関の花が風流
寺の玄関の花が風流
 ◆ 海蔵寺境内の梅の花とスイセン
海蔵寺境内の梅の花とスイセン

 ◆ 海蔵寺前の溜池(ためいけ)
海蔵寺前の溜池(ためいけ)
 ◆ 周辺は「ふれあい公園」 ※ ビッグ写真はここ
周辺は「ふれあい公園」になっている

 ◆ 「ふれあい公園」
「ふれあい公園」
 ◆ 「ふれあい公園」
「ふれあい公園」

 ◆ 漬け物や蜂蜜を売っていた
漬け物や蜂蜜を売っていた
 ◆ 自家製かす漬を買った(おいしかった!)
自家製かす漬を買った(おいしかった!)

 ◆ 駐車場
駐車場
 ◆ 内浦の集落
内浦の集落
 ◆ 動画案内(詳細版 約5分)
XXXの動画案内



孝子助六の碑

 海蔵寺の境内に『孝子助六の碑』があります。“孝子”ですから親孝行な子 “助六”の碑 という事のようです。 で、その“助六”さんは、どのような人物だったのかネットで調べると、町報 岡垣 第11号 昭和38年9月20日発行 に “助六”さんの話が書いてあったのでご紹介します。

町報 岡垣 第11号 昭和38年9月20日発行 引用

 助六さんの家は内浦海蔵寺にあったが、家に田畑がなく非常に貧乏だったので、若い頃か ら農家に奉公してお母さんを養う。
助六さんは生れつき孝行者で勤務先に暇がなくても、お母さんが元気かどうか、日に三回は 見に帰る。それで内浦か、隣部落でないと奉公しなかった。
主人に仕えるにも忠実で、怠けるようなことは決してなく、お母さんの見舞に帰るにも、昼 休みや、煙草のみの時を利用し何ら仕事に不都合なことはなく若し病気で休んだりすると別の 休日に出て穴うめをした。
結婚をすると、お母さんに仕える邪魔になると、一生結婚せず、兄弟がないのでお母さん一 人居らせることが心配で、一晩も家をあけたことがない。若し主人から夜なべの仕事を いいつけられると、家に持って帰って仕上げ、明朝早く主人に納めた。又その仕上げが同僚のよりも特 別念が入っており、主人はいつもよろこんでいた。
助六さんの孝行は知れ渡り、部落の者も遠万へは使いにやらず、夜の出方に助六さんが当った時等は 代ってやった。
助六さんも年とると、年奉公をやめ、質仕事に出たり、葛、わらび、山芋等を堀って売り、 それで米を買い、お母さんには米飯を食ぺさせ、自分は葛の根や青菜等を食べた。 この孝行が福岡の黒田公にきこえ、延享四年、お母さんが九十九才の時)から毎年五俵ずつ お母さんが亡くなられるまで米を賜る。

 お母さんは寛延三年九月七日(二一三年前)百二才で亡くなられる。お母さんの病気中はその看病に 全精力を尽し、少しばかりの家財道具もことごとく売り払い、手厚い供養をされた。
そのことが又黒田公にきこえ、米五俵を褒美に賜る。 助六さんは明和八年十一月十四日、(一九二年前)九六才でなくなられた。
 お母さんが百二才、助六さんが九六才という昔にしては大変長寿だったが、一説には鶯の井という井戸の 水をつかっておられたからといわれる。鶯の井は海蔵寺の門下左側にあるが、今は竹藪に覆われている。

 内浦小学校門前には孝子助六母子の碑が建っている。


引用おわり




   ■■■■■ 2009/2/18 海蔵寺 訪問 ■■■■■ 


 
 

◆◆◆◆◆ 海蔵寺 ◆◆◆◆◆

  海蔵寺(かいぞうじ)は岡垣町大字内浦の湯川山に登る自動車道の近くにあり、号を福聚山海蔵寺(ふくじゅさん かいぞうじ)と言います。 この寺は1333年(正慶2年)に大暁禅師により開山され、須藤駿河守行重により再興された臨済宗の寺院です。
この海蔵寺(かいぞうじ)にある木造馬頭観音像は県指定文化財に指定されており、年に一度(2月18日)御開帳されます。

 木造馬頭観音像は岡垣町の公式HPによると、体内名文より、1441年(嘉吉元年)に京都の三条いのくま物仏所の仏師である裕尊により造られたことが分かっているそうです。 そうすると約600年前に造られたものです。像高62.4cmで昔は50年に1度の御開帳であったが、現在は年に1度2月18日に公開されています。

 
 


 ◆ 通常は閑散としている海蔵寺であるが、今日(2009/2/18)は年に一度の秘仏御開帳の日なので参拝者も多い
通常は閑散としている海蔵寺であるが、今日(2009/2/18)は年に一度の秘仏御開帳の日なので参拝者も多い


 ◆ 年に一度御開帳される秘仏 ※ビッグ写真はここ
年に一度御開帳される秘仏 ※おもいっきりビッグ写真はここ

 海蔵寺の木造馬頭観音像は黒光しており、目をかっと開いて睨んでいます。良く見ると足にも細かい模様が彫られています。仏像の事は良く分からない私でも、 なかなかの一級品であることが、なんとなく分かります。
この馬頭観音は「馬」という字が付いているので馬を祀ったのかと思いましたが、調べてみると観音菩薩の変化身(へんげしん)の一つで、 六観音の一尊にも数えられているらしいのです。通常、観音様は優しい柔和な表情をしていますが、馬頭観音は明王(みょうおう)のように 忿怒(ふんぬ=大いに怒ること)の相(そう)を表しています。 よって「馬頭明王」とも言われるようです。
また、馬頭観音は衆生の無智・煩悩(ぼんのう=人間のもつ飽くなき欲望で身心を悩まし苦しめ、煩わせ、けがす精神作用の意味) を排除し、諸悪を毀壊(きえ=こわすと言う意味)する菩薩のようです。

 ◆ 釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)もある
釈迦涅槃曼荼羅(しゃかねはんまんだら)もある
 ◆ 本堂前にも馬頭観音の石仏がある
本堂前にも馬頭観音の石仏がある

 ◆ 本堂横にはいくつかの石碑が建つ
本堂横にはいくつかの石碑が建つ
 ◆ 海蔵寺本堂の横にある奥の院
海蔵寺本堂の横にある奥の院
 ◆ 海蔵寺境内に咲くスイセンと参拝者
海蔵寺境内に咲くスイセンと参拝者

 ◆ 海蔵寺の入口(右は駐車場)
海蔵寺の入口(右は駐車場)
 ◆ ため池のそばにある海蔵寺
ため池のそばにある海蔵寺






《宗像地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


波津ゆうれい坂 ・海蔵寺成田山不動寺高倉神社鐘崎織幡神社地ノ島さつき松原承福寺・宗像氏貞の墓 浄光寺のフジ道の駅むなかた依岳神社の大イチョウ孔大寺の大イチョウ山田増福院神湊筑前大島中津宮七夕まつり 宗像大社みあれ祭前夜祭花火大会宗像大社みあれ祭海の道むなかた館 鎮国寺鎮国寺紫灯大護摩供赤間宿跡赤間宿まつり八所宮八所宮秋季例大祭正助ふるさと村グローバルアリーナザビエル教会の旧聖堂原町唐津街道(★九州大道芸まつりin宗像)光岡八幡宮宗像ユリックス日の里団地JR風景(日の里近く)田熊山笠むなかたみんなの山笠宗生寺と馬頭観音許斐山太閤水と殿ん屋敷八並不動尊大祭八並の庚申堂畦町 ほたるの里内殿の日吉神社舎利蔵自然林上西郷弾薬庫跡なまず神社となまずの郷神興神社久末総合公園縫殿神社新原・奴山古墳群 あんずの里静御前の墓白石浜・勝浦浜恋の浦 大峰山自然公園(東郷神社)津屋崎津屋崎祇園山笠金刀比羅神社の御神幸祭豊山神社御神幸祭西鉄宮地岳線福間海岸福間浦玉せり福津市花火大会サンピア福岡諏訪神社JR福間駅 宮地嶽神社 宮地嶽神社(民家村)宮地嶽神社秋季大祭大注連祭長谷寺手光波切不動古墳小竹石穴古墳旦ノ原井戸・飯盛山上大森古墳清瀧 興山園医王寺唐津街道青柳宿五所八幡宮人丸神社千年家独鈷寺六所神社梅岳寺薬王寺温泉 脇田温泉竹原古墳

北九州市周辺 筑豊周辺 福岡市周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
海蔵寺周辺マップ(マピオン) 中央 '+' あたりが「海蔵寺」の位置です。
岡垣町の公式ホームページ
岡垣町商工会のホームページ
  *インフォメーション
  ■岡垣町役場     093-282-1211
  ■海蔵寺       093-282-6740

宗像探検メニューへ戻る
探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2015年 3月26日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040242-07910101
Counter