福岡県内徹底探検隊
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
静御前の墓 (臼杵の井戸)

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介












福岡県福津市生家(ゆくえ)
< 宗像探検メニュー > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 ◆ 田んぼの側にひっそりとある静御前(しずかごぜん)の墓。 
田んぼの側にひっそりとある静御前(しずかごぜん)の墓


 ◆ 地元の人はこの墓をシデと言っていました
地元の人はこの墓のことをシデと言っていました。紙垂(シデ)と書き、しめ縄等に垂れ下げる紙のことですが、ここでは神域の意味で言っているようです?

 福津市(旧:津屋崎町)生家(ゆくえ)地区に静御前の墓と言われている墓があります。カンバンも案内板もなく田んぼの隅にひっそりと建っています。
静御前と言えば源義経の愛妾(あいしょう:気に入りの妾【めかけ】)だった人です。
なんでも、1185年頃に静御前は源義経を探すためにここに住んでいたそうです。義経に会えない悲しみから
わが君の 行くえも知らず、しずか川
 流れの末に身をやとどめむ

という歌を詠んだと言われています。 後にこの地を生家(ゆくえ)と呼び、静御前の霊を弔う墓が建てられたそうです。

 この墓の台座をよ〜く見ると「昭和二年九月十九日・・・」と読めます。昭和に造られたもののようです。 まあ、それまでささやかな物はあったが昭和2年に造り替えたとも考えられます。
いずれにしても静御前(しずかごぜん)の最後の行方は定かでありません。
最初に義経と静御前(しずかごぜん)は九州に逃げる予定でしたが途中で船団が嵐で遭難して九州に逃げることができませんでした。 このことを考えても、静御前(しずかごぜん)が晩年ここに来ていた可能性は充分あります。

 ◆ 台座には“昭和”の字が見える
台座には“昭和”の字が見える
 ◆ このような場所に、ひっそりとあります
このような場所に、ひっそりとあります






臼杵(うすき)の井戸

 静御前(しずかごぜん)の墓から西に約300m行った場所に静御前が使用したと言われる井戸があります。この井戸は静御前が実子の臼杵太郎(うすきたろう)を産んだときに産湯の水として使ったそうです。 そして臼杵太郎が豊後の大友氏につかえるために旅立つ際、別れを惜しんで、この井戸に臼(うす)と杵(きね)を沈めたと伝えられています。直径は約1m程度の小さな井戸で“臼杵(うすき)の井戸”と言われています。
そばには祠(ほこら)があります。地元の人は静御前の子供を祀っていると聞いている。と言っていました。


 ◆ 静御前が使用した臼杵の井戸。 ※場所はここ
田んぼの側にひっそりとある静御前(しずかごぜん)の墓

 ◆ このような場所にあります
このような場所にあります

 地元の人に静御前の墓の場所を聞いたときに、「もう少し先に右に行く道があり、そこにシデがある。そこが墓で、そこから300m先に行ったビニールハウスの手前にもシデがある・・・・」と言われていました。 どうも、この祠(ほこら)などのことをシデと言われているようです。調べてみたらしめ縄等に垂れ下げる白い紙を紙垂(シデ)と言うようです。しかし地元の人の言っている意味は 祠(ほこら)などの祀ってある神域をシデと言われているのだと思います。
そのように地元ではこの静御前の墓と井戸などは神域として犯してはならない場所として大事にされてきたのだと思います。



静御前(しずかごぜん)

 静御前(しずかごぜん)の事を少し調べてみました。
静御前(しずかごぜん、1165年(永万元年)? - 1211年(建暦元年)?)となっており生まれも死亡年代も定かでないようです。
母の磯禅師は白拍子(しらびょうし)の祖とされる女性で、静も白拍子(しらびょうし)となり後に義経に見初められ義経の愛妾(あいしょう:気に入りの妾【めかけ】)になった人です。 一応、義経には正妻の「河越太郎重頼の息女」郷姫という人がいたのですが、静御前が有名なので郷姫の影は薄いですね。
※ちなみに白拍子(しらびょうし)とは男装して舞う遊女のことです。

 源平合戦後、兄の源頼朝と対立した義経が京を落ち逃げる義経に静御前(しずかごぜん)は同行していましたが、吉野で別れ 京に戻るが、途中で山僧に捕らえられ京の北条時政に引き渡されました。そして1186年3月に母の磯禅師とともに鎌倉に送られるが、その後、静と磯禅師は京に帰されたそうです。 憐れんだ政子が多くの重宝を持たせ開放したが、静のその後は不明だそうです。
 静御前の伝説は全国にあり、北海道の姫川に身を投げたとも、由比ヶ浜に入水自殺したとも伝えられています。 奈良県大和高田市の磯野は磯野禅尼の里で、静御前も母の里に戻って生涯を終えたとする伝説が伝えられています。 また淡路島や埼玉県北葛飾郡栗橋町、山口県阿武郡阿東町などに静のものと伝えられる墓があり、福島県郡山市には、 義経の訃報を聞いた静御前が身を投げたと言われる美女池や、その供養のために建立された静御前堂があるそうです。



■■■■■ 津屋崎関連のページ ■■■■■ 

津屋崎
津屋崎祇園山笠
津屋崎金刀比羅神社御神幸祭
大峰山自然公園(東郷神社)
恋の浦海岸
豊山神社御神幸祭
白石浜・勝浦浜
あんずの里運動公園
・ 静御前の墓
新原・奴山古墳群
縫殿神社










《宗像地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


波津ゆうれい坂海蔵寺成田山不動寺高倉神社鐘崎織幡神社地ノ島さつき松原承福寺・宗像氏貞の墓 浄光寺のフジ道の駅むなかた依岳神社の大イチョウ孔大寺の大イチョウ山田増福院神湊筑前大島中津宮七夕まつり 宗像大社みあれ祭前夜祭花火大会宗像大社みあれ祭海の道むなかた館 鎮国寺鎮国寺紫灯大護摩供赤間宿跡赤間宿まつり八所宮八所宮秋季例大祭正助ふるさと村グローバルアリーナザビエル教会の旧聖堂原町唐津街道(★九州大道芸まつりin宗像)光岡八幡宮宗像ユリックス日の里団地JR風景(日の里近く)田熊山笠むなかたみんなの山笠宗生寺と馬頭観音許斐山太閤水と殿ん屋敷八並不動尊大祭八並の庚申堂畦町 ほたるの里内殿の日吉神社舎利蔵自然林上西郷弾薬庫跡なまず神社となまずの郷神興神社久末総合公園縫殿神社新原・奴山古墳群 あんずの里 ・静御前の墓白石浜・勝浦浜恋の浦 大峰山自然公園(東郷神社)津屋崎津屋崎祇園山笠金刀比羅神社の御神幸祭豊山神社御神幸祭西鉄宮地岳線福間海岸福間浦玉せり福津市花火大会サンピア福岡諏訪神社JR福間駅 宮地嶽神社 宮地嶽神社(民家村)宮地嶽神社秋季大祭大注連祭長谷寺手光波切不動古墳小竹石穴古墳旦ノ原井戸・飯盛山上大森古墳清瀧 興山園医王寺唐津街道青柳宿五所八幡宮人丸神社千年家独鈷寺六所神社梅岳寺薬王寺温泉 脇田温泉竹原古墳

北九州市周辺 筑豊周辺 福岡市周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
静御前(しずかごぜん)の墓周辺マップ(マップファン)中心の '+' あたりが「静御前の墓」の位置です。
福津市の公式ホームページ
福津市商工会のホームページ
  *インフォメーション
  ■福津市役所     0940-42-1111(代表)
  ■福津市津屋崎庁舎  0940-52-1234(代表)
  ■福津市観光協会   0940-42-9988
  ■津屋崎町商工会   0940-52-0819

宗像探検メニューへ戻る
探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2007年 3月23日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040242-03570101
Counter