福岡県内徹底探検隊
福岡県内の名所旧跡の紹介
福岡県内の見所、ドライブコース、デートスポットの紹介
興国寺(こうこくじ)

九州の宿 約1500宿(ホテル、旅館、ペンションなど)の紹介









福岡県田川郡福智町上野1892
< 筑豊周辺マップ > < 探検隊メニュー > < 九州観光案内メニュー > < メインメニュー >
九州内のホテルや旅館、ペンション、民宿、ビジネスホテル、国民宿舎など宿泊施設のご紹介
line


 
 

◆◆◆◆◆ 興国寺(こうこくじ) ◆◆◆◆◆

 福智山の南西の山裾の福智町上野にある興国寺(こうこくじ)は曹洞宗(そうとうしゅう)のお寺で 山号は天目山(てんもくざん)といいます。 創建は白鳳(はくほう)五年(西暦677年)とされ千数百年の歴史のある古刹(こさつ)です。
創建当初は福智寺(ふくちじ)と号し天台宗に属したが嘉暦(かれき)元年(西暦1326年)無隠元晦禅師(むいんぜんかいぜんじ)は豊後国主大友氏の帰依を得て 廃跡を復興し臨済宗となりました。
元徳二年(西暦1330年)後醍醐天皇は高徳(こうとく)の元晦禅師(ぜんかいぜんじ)に対し綸旨(りんし)と紫衣(しえ)を賜り、勅願所として 天目山宝覚禅寺(ほうかくぜんじ)と号せしめられた。
その後、足利尊氏(あしかがたかうじ)は土地三百貫を寄せ安国寺としました。応仁の乱後は寺院荒廃す。大内義隆は痛くこれを惜しみ諸堂を再建し 長州寺号を興国寺と改称し曹洞宗に改めました。⇒詳細は現地案内板を参照ください。

 興国寺(こうこくじ)には福岡県指定有形文化財が2点あります。ひとつは木造 元晦禅師(ぜんかいぜんじ)坐像です。 桧材寄木造り彩色、五眼嵌入による南北朝時代の作であり、等身大の無隠元晦禅師(むいんぜんかいぜんじ)の彫刻です。⇒ 詳細は現地案内板を参照ください。
もう一つは紙本墨書興国寺文書( しほんぼくしょこうこくじもんじょ)です。 この文書は南北朝時代の足利尊氏から同直義・同義持・大内盛見・同義興・同義隆等の寄進状・下知状等々天文年間(16世紀)に及ぶ中世資料です。 これに小笠原忠雄等近世小倉藩時代の文書若干を含んでおり、第1巻は13通、第2巻は1通と大般若経奥書等を収めています。 当該地方の中世資料として、また、寺史資料として貴重なものです。

 佛殿(観音堂)は享保4年(西暦1719年)の建築で質素なつくりが禅宗建築の特徴を示しています。 柱などに建築当初の部材が多く残るほか、 ひさし状に張り出した裳階を巡らす建築は県内でも 少なく貴重なものです。

 
 



 ◆ 福智山の南西の山裾の福智町上野にある興国寺(こうこくじ) ※ 2014/04/02 撮影
福智山の南西の山裾の福智町上野にある興国寺(こうこくじ) ※ 2014/04/02 撮影

 ◆ 興国寺の創建は7世紀後半と云われる古刹
興国寺の創建は7世紀後半と云われる古刹(こさつ)

 桜に誘われて興国寺(こうこくじ)を訪れました。寺の入り口付近に多くの桜があり二重屋根の山門と桜のコンビネーションがとても良かったですね。
境内には桜の木は少ないのですが、鐘楼堂前の桜はとてもきれいでした。

 興国寺(こうこくじ)には「墨染の桜」の話があるので「墨染の桜」という桜があるのかと思いましたが、そういう桜はないようです。 昔の文書(興国寺文書)の中に「墨染の桜」を詠んだ歌が残されているのだそうです。⇒ 詳細は現地説明板を参照ください。

 後で知りましたが、興国寺の本堂の裏には開山堂があるようです。写真を撮り損ねました。そして足利尊氏が隠れたという「かくれ穴」もあるようです。 これらは次の機会に写真を撮ってきます。
動画案内(約5分)


 ◆ 桜がきれいな興国寺(こうこくじ)
桜がきれいな興国寺(こうこくじ)

 ◆ 興国寺の二重屋根の山門楼
興国寺の二重屋根の山門楼

 ◆ なんとも風流な二重屋根の山門楼
なんとも風流な二重屋根の山門楼

 ◆ 足利尊氏が戦に敗れて九州に落ち延びた際、このお寺に匿われ再起の出発点となった
足利尊氏が戦に敗れて九州に落ち延びた際、このお寺に匿われ再起の出発点となった

 ◆ 興国寺(こうこくじ)は足利尊氏が国家安泰のために建てた安国寺第一位の寺
興国寺(こうこくじ)は足利尊氏が国家安泰のために建てた安国寺第一位の寺

 ◆ 右に鐘楼がある
右に鐘楼がある

 ◆ 興国寺(こうこくじ)本堂
興国寺(こうこくじ)本堂

 ◆ 本尊は釈迦如来
本尊は釈迦如来




 ◆ 桜越にみる興国寺の本堂
桜越にみる興国寺の本堂

 ◆ 観音堂(観音堂の本尊は千手観世音菩薩)
観音堂(観音堂の本尊は千手観世音菩薩)

◆ 大師堂(弘法大師、聖観音、弁財天)
大師堂(弘法大師、聖観音、弁財天)
 ◆ 大師堂裏の崖に石仏が並ぶ
大師堂裏の崖に石仏が並ぶ
 ◆ いろいろな石仏がある
いろいろな石仏がある

 ◆ 本堂前の石仏
本堂前の石仏
 ◆ 墨染の桜 ※ ビッグ写真はここ
墨染の桜
 ◆ 鐘楼
鐘楼

 ◆ 境内の池は「浄心池」という
境内の池は「浄心池」という
 ◆ 駐車場もある
駐車場もある
 ◆ 動画案内( 約5分)
興国寺の動画案内


 
 

◆◆◆◆◆ 小倉藩第9代藩主・小笠原 忠幹の葬儀が興国寺で盛大に行われた。 ◆◆◆◆◆

 慶応二年(1866年)第二次長州戦争が起きました。小倉城とその周辺には集まった幕府側の軍勢は約2万人。高杉晋作率いる長州勢は約4000人。 4000人といっても四境戦争と言われるように4方向で戦っているので、長州藩が小倉城を攻撃できる人数は1000人程度だった。
2万 VS 1000人と圧倒的に幕府側が有利な状況でしたが、なぜに我々が幕府の代わりに長州と戦わなければいけないのか? 幕府側の戦意は低く最新兵器で武装した高杉晋作率いる 騎兵隊に押されていました。そのような中、第9代藩主・小笠原 忠幹(ただよし)が39歳の若さで急死したのです(毒殺されたという説もある)

 世継ぎの豊千代丸(とよちよまる)はまだ4歳。小笠原藩は忠幹(ただよし)の死を伏せたのでした。 遺体は薬液を入れた大甕(おおがめ)におさめ、さらに頑丈な木棺(もっかん)で囲い、藩主寝室の地下に隠されたといいます。

その後、長州軍の猛攻に小倉城は孤立し、なんと、長州戦争の指揮を執っていた幕府の老中であった小笠原長行は、こっそりと陣営を抜け出して海路で大阪に逃亡したのです。 それを知った家老以下、小倉藩は絶望し、急遽(きゅうきょ)評定を行い城に火をかけて撤退、という苦渋の決断に至りました。慶応2年8月1日(1866年9月9日)に小倉城は炎上しました。

 小倉藩士や家族1万人以上は、小倉城下を離れ、一路南下して平尾台を目指しました。そして平尾台を通り過ぎて香春(かわら)へと逃亡したのです。 世継ぎの豊千代丸と貞順院は、姻戚関係にある肥後の細川家を頼り熊本へと移りました。
1万人以上の住人が急きょ移住してきた香春は大混乱になりました。その大混乱もなんとか落ち着いた慶応3年(1867年)3月に藩庁を正式に開き香春藩(かわらはん)としました。
その後、明治2年(1869年)には豊津(とよつ)に藩庁を移して豊津藩と称するまで約2年間、香春に小笠原藩の庁舎があったのです。

 慶応二年(1866年)に藩主であった小笠原 忠幹(ただよし)が急死しましたが、いつまでも隠すわけにもいかず、慶応3年(1867年)6月2日に藩主 小笠原 忠幹(ただよし)の死を公表しました。 そして、7月8日に興国寺(こうこうじ)で家族や僧侶が約200人も集まり盛大な葬儀が執り行われたそうです。

 藩主の葬儀が盛大に行われたという事は、興国寺は、江戸時代から、この地方一の格式のある寺であったという事ですね。

 
 


■■■■■ 福智町 関連のページ ■■■■■ ====================================================*

上野峡(上野焼)
・ 興国寺
天郷の一本桜
白糸の滝
虎尾桜
源平櫻
定禅寺の迎接の藤



*=================================================================================================*







《筑豊地域周辺》
…花の名所

この周辺の宿を探す


永谷の盆綱直方駅直方レトロ 直方チューリップフェア直方山笠のおがた夏まつり須賀神社 大内花庭園高取焼 福智山ろく花公園 上野峡(上野焼) ・興国寺白糸の滝 天郷の一本桜 虎尾桜 定禅寺の迎接の藤香春岳香春神社柿下温泉道の駅「香春」田川市石炭資料館風治八幡神社川渡り神幸祭 丸山公園道の駅「いとだ」道の駅「おおとう桜街道」内田三連橋梁 源じいの森 豊津梅園豊前国分寺跡 みやこ町しょうぶまつり 千女房のヤマザクラ御所ヶ谷神篭石築城基地航空祭 綱敷天満宮 才尾の一本桜天徳寺 天神山の大しだれ桜飯塚市歴史資料館麻生大浦荘嘉穂劇場 勝盛公園旧伊藤伝右衛門邸 脇田温泉竹原古墳 力丸ダムのシダレ桜 八木山展望公園王塚装飾古墳穂波町のボタ山大分八幡宮大分廃寺塔跡道の駅「うすい」 山田安国寺梅林公園 藤江氏魚楽園道の駅「歓遊舎ひこさん」第四彦山川橋梁英彦山温泉 英彦山鷹ノ巣山遠賀川源流点 小石原道の駅「小石原」

北九州周辺 中津周辺 宗像周辺 福岡周辺 秋月 朝倉周辺 日田周辺





 | 北九州市 | 福岡市 | 嬉野・武雄 | 長崎 | 平戸・佐世保 | 雲仙・小浜 | 玉名・菊池 | 阿蘇 | 黒川・湯布院ほか | 別府 | 高千穂・宮崎 | えびの霧島 | 指宿温泉 |

周辺の宿(温泉宿ほか)
興国寺周辺マップ(マピオン) 中央 '+' あたりが“興国寺”の位置です。
福智町の公式ホームページ
  *インフォメーション
  ■福智町役場   0947-22-0555(代)
  ■上野焼共同組合 0947-28-5864
  *アクセス
  ■平成筑豊鉄道伊田線赤池駅から約4Km。徒歩約1時間、タクシーで10分

筑豊地方マップへ戻る
探検隊メニューへ戻る
九州観光案内メニューへ戻る
メインメニューへ戻る





企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2015年03月18日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019
Google 九州の宿
Web yado.co.jp (よかとこBY)


画面番号:H040242-05400101
Counter