九州各地の山の紹介。「九州の山(よかとこBY)」




野間岳 (のまだけ) (標高 591m)


鹿児島県南さつま市笠沙町


薩摩半島案内



 



 












九州の山

HomePage


山の案内


 ◆ 野間岳山頂付近にて(薩摩半島南西部の野間半島の先端の野間岬が良く見える)


 ◆ 九州自然歩道の整備された登山道

 九州最南端(西部)に位置する山
薩摩半島の最南端(西部)に位置する野間岳。7合目あたりから突峰となっている山容は独特であり、 どこからでも良く目立つ。 登山道は整備されておりクス、カシ、シイの巨木の自然林が見事である。 頂上に近づくにつれ急坂が続きロープを掴みながら登ると山頂だ。山頂からの展望はすぐれ開聞岳金峰山桜島霧島連山まで見える。特に野間岬と太平洋の海はすばらしい。
この野間岳の麓近くに杜氏(とうじ)の里がある。この地方は焼酎造りの杜氏(とうじ)さんが多く、 全国各地の酒所で焼酎造りの基本である杜氏(とうじ)を造っていたようだ。
 ◆ 吹上浜海浜公園から見る野間岳



 ◆ 山頂にて

 ◆ 昭和47年太陽国体で聖火の採火が行われた岩




アドバイス

■ファミリー向きの山



登山適期

■夏以外ならいつでも良い



問合せ先

■南さつま市笠沙支所 TEL:0993-63-1111


地図








企画・制作 (株)システム工房 ・ 最終更新日 2000年04月23日
株式会社システム工房 TEL 0940-51-3019

Google 九州の宿
Web よかとこBY

画面番号:H040648-01B00101

Counter